アロマディフューザーの華麗なる水音アロマディフューザーの華麗なる水音とは

アロマディフューザーの華麗なる水音

アロマディフューザーの華麗なる水音

人それぞれに好きな物があると思います。

他人が「この音好き」と言っても自分自身はなかなか共感を得られない事もあるでしょう。

なので一概に全てを否定する事はなく、好きな物は好きと言える事が大切なのではないでしょうか。

何だか前置きが長くなってしまいまいましたが、私がここで主張したかった事は、「アロマディフューザーのぽちゃぽちゃと落ちる水の音が好き」という事です。

最初はアロマディフューザーの中から何か音がする事に疑問を抱いていましたが、日頃何度か使っていく内にあの滴り落ちる音が好きになっていました。

この感覚としては、全く異性として意識していなかった相手をいつの間にか意識していたような感覚だと思います。

毎日アロマディフューザーを使う事はありませんが、たまに使用した時にこの水音を聞くと何だか落ち着くのです。

この感覚を理解するのは少し難しいかもしれませんが、なかなか自分の中で面白い発見でした。

その他にもどのような音があるのか、興味がつきません。

友人、アロマディフューザーを語る

先日匂いフェチの友人と、どの匂いが好きかについて話していました。

匂いと言ってもスイーツを思わせるような甘い香りから、食欲をそそるような刺激的な匂い・・全てをひっくるめて彼女が出した答えは、何とアロマの香りでした。

見た目はかなり体育系の人物だったので、そのギャップに圧倒されました(変な意味ではないですよ)。

しかし彼女は本当にアロマに詳しくて、彼女の家に遊びに行くと数台のアロマディフューザーを見つけました。

彼女が言うには「アロマディフューザーはメーカーやタイプによって漂ってくる匂いが全く違う」のだそうです。

アロマディフューザーを見る

それを聞くと彼女は正真正銘の匂いフェチだと頷けます。

またそんな乙女な彼女の表情を見るとこちらも少し胸がきゅんとしてしまいますが、私達はその時の匂いに左右される事も多いので、是非彼女から匂いについて学んでみようかと検討中です。

きっと数ヵ月後には私の部屋には様々な匂いを発するアロマディフューザーと数種類の香りがある事でしょう。